****

wonderなみえJr. 広島フラワーフェスティバル

2013/05/06 07:59


(中国新聞より)
2013ひろしまフラワーフェスティバル(FF)が最終日を迎えた5日、福島県浪江町のよさこいチーム「Wonderなみえjr.」がパレードやステージで、弾けるような踊りで元気を発信した。福島第1原発事故後に散り散りになったメンバー11人は、被爆地で再結集。古里復興の誓いを心に刻んだ。
平和大通りのきんさいYOSAKOIパレードで鳴子を打ち鳴らした。福島県内や関東地方などに避難している小中学生と大学生が息を合わせ、アップテンポの曲に乗る。
揺れるたすきは出演前、広島市中区の「竹屋南中ソーランサポーターズクラブ」から贈られた。「福島でたくさんの笑顔の花が咲きますように」など同世代が書き込んだ応援が心強い。沿道の手拍子が熱演を後押しした。
この日は、平和記念公園のカーネーションステージでも踊った。
踊り終えた、浪江町から新潟県長岡市へ避難中の下塩小6年佐藤亜実さん(11)は「手拍子や声援に勇気づけられた。浪江の元気が届けられたかな」。埼玉県八潮市で暮らす大原中2年浪江志緒莉さん(13)は「久しぶりに会う仲間と力を出しきった。いつかまた浪江で踊りたい」と願った。

渡辺泰彦代表(55)は「原爆から立ち上がった広島を見習って浪江も立ち直れるよう、踊りで盛り上げていきたい」と誓っていた。

| カテゴリ うつYOSA動画 | 著者 振興会Web管理 |
HOME > うつYOSA動画 > wonderなみえJr. 広島フラワーフェスティバル

イベント申込・総踊り曲販売はこちら

第18回うつくしまYOSAKOIまつり

他の記事を見る

最初| 前 | 1 | 次 |最後
05/06 wonderなみえJr. 広島フラワーフェステ...
最初| 前 | 1 | 次 |最後
うつくしまYOSAKOI Copyright (C) 2016 Utsukushima YOSAKOI promotion society.